忍者ブログ
スポンサード リンク

[PR]

2017年09月25日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

黒部ダムの観光地「くろよん記念室」

2008年11月10日

黒部ダムの観光地「くろよん記念室」

 

黒部ダム周辺には見所が多く、
観光する場所はいっぱいあります。


その中の1つに、
「くろよん記念室」という場所があります。


くろよん記念室は、
黒部ダム駅から連絡通路回りで、徒歩5分の所にある
ダムレストハウス内の3階にあります。


くろよん記念室には、黒部ダムの縮尺模型や、
断面の立体図、破砕帯の岩などが展示されています。


また、
トンネル掘削工事現場のような内装を施している映写室で、
黒部ダム建設時の記録で製作した映画「くろよん物語」が、
常に上映されており、
当時の黒部ダムの工事の大変さが分かる記念室になっています。

三面マルチ画面の映像で、わかりやすく解説しています。

11分の映画。


その他に、休憩できるスペースや、
屋上展望台もあります。

くろよん記念室は、無料で入場することができます。見学無料。

営業期間は、4~11月までで、
営業時間は、午前7時30分~午後5時までとなっています。

ただし、11月6日~11月30日の間の営業時間は、
午前8時30分~午後4時までとなっています。

 


くろよん記念室の近くには、殉職者慰霊碑があります。


黒部ダムの完成までに、
命を落とした171名の名前が刻まれています。

入口で、後立山連峰の破砕帯から
湧き出る名水を飲むことができます。

飲みやすいようにひしゃくが置いてあります。

PR