忍者ブログ
スポンサード リンク

[PR]

2017年03月28日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

黒部ダムについて

2008年11月05日

黒部ダムについて


黒部ダムは、日本最大級の水力発電ダムとして有名。
 

この黒部ダムを建設するときの話は、
世紀の大事業として語られています。

地下水を溜め込んでいる軟らかい地層である破砕帯との格闘があり、
この状況は、石原裕次郎さんが主演した映画「黒部の太陽」の中でも名シーンとして伝えられています。
 

黒部ダムの建設は1956年(昭和31年)から始まったそうです。
黒部ダムの建設費用は、513億という巨額の費用がかかりました。

 

黒部ダム建設に関わった人数は、1000万人で建設期間は7年。
本当にものすごい期間がかかったことが伺えます。

今、黒部ダムは観光名所として知られています。

 

また、長野県側の立山黒部アルペンルートの起点としても有名。

その他、黒部ダムには、興味を引かれるエピソード、歴史がたくさんあります。

黒部ダムの魅力の1つとして、放水量が大迫力ということがあります。

放水量は、毎秒10立方メートル以上といわれています。

黒部ダムの放出は、ものすごい水煙をあげることから、
見た人みんな感動する、と言われています。




黒部ダムがある黒部の谷は、
ダム建設以前は、秘境として知られており、
登山者以外の人は、訪れることがない場所でしたが、

今では観光地として有名になり、訪れる人が増えています。

毎年100万人以上観光客が訪れている、といわれています。
 

PR