忍者ブログ
スポンサード リンク

[PR]

2017年09月25日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

黒部の太陽の舞台の見どころ

2008年11月08日

黒部の太陽の舞台の見どころ



2008年10月、
故・石原裕次郎、三船敏郎が出演した名作「黒部の太陽」が舞台で蘇りました。


この黒部の太陽は、石原裕次郎さんの意向といった諸事情があり、
テレビ放送、ビデオ化などがされていませんでした。


そんな中、2008年には、
関電トンネル開通50周年、映画公開40周年を、
向かえたことを記念して、
満を持して舞台として蘇ることになりました。
 


石原裕次郎さんが務めた岩岡剛の役を、中村獅童さんが演じ、
三船敏郎さんが務めた北川覚の役を、神田正輝さんが演じています。


石原裕次郎は、
黒部の太陽を「生涯最高の作品だ」と語っており、
大作として有名です。
 

今回、黒部の太陽の舞台で、
今まで表に出ていなかった映画のメイキングストーリーが流されます。


 

舞台「黒部の太陽」の見どころは、
トンネル掘削中の大出水シーンではないでしょうか。


この舞台「黒部の太陽」では、
ステージで大量の本物の水を放出するシーンが盛り込まれていており、
ものすごい臨場感を味わうことができます。

 

梅田芸術劇場で、
関電トンネルや大迫力ある放水シーンなど、
今までの舞台では表すことができなかった演出をしようと、
舞台の限界に挑んでいます。
 

PR